MENU

男女両方とも気をつける

胸元

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医師選びのコツ

医者

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

症状の違いがある

看護師

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る

早期発見が重要

病院

食生活の変化によって前立腺がんの患者の増加が顕著となっています。前立腺がんは転移をしなければ免疫療法で効果が期待できます。予防するためには食生活の改善が必要で、脂質の食品を避け、トマトや豆類を増やす必要があります。

詳しく見る

片頭痛や急な頭痛に注意

ドクター

脳動静脈奇形は自覚症状が少ないだけに、判断が難しく片頭痛や慢性的な頭痛があっても。なかなか医療機関には行かない事が多いと思います。仮に脳動静脈奇形ではなかったとしても、頭痛の症状がもっと危険な病気の前触れなのかもしれません。あまり軽くみないで医療機関を受診するのが良いのかもしれません。

詳しく見る

免疫細胞の種類と活用法

ドクターとナース

人体を守る免疫システムは白血球が担っていますが、その半数以上は細菌・真菌などの異物を処理する顆粒球です。ストレスなどの影響で免疫バランスが崩れると、体内に発生するがん細胞の排除役だったリンパ球が減少しがん発症につながります。免疫療法はNK細胞とT細胞などのリンパ球を活性化させがんを治療する方法です。

詳しく見る

人気高まるHDF

相談

慢性腎不全と診断された患者さんにとって、人工透析に伴うさまざまな体調不良は悩みの種です。ダイアライザーだけでは除去しきれない老廃物を、HDFという新しい方法で取り除くことが可能になりました。血圧が安定して合併症も予防できるため、世田谷区の透析施設でも増加中のHDFに人気が集まっています。

詳しく見る

肝細胞の癌

医者と看護師

肝臓の細胞自体から発生した癌、または他の臓器から肝細胞に転移し発生した癌を総称して肝臓がんと言います。主な症状が疲労感や腹痛、食欲不振などです。肝臓がんの治療法は手術での切除が基本となります。癌の進行度や患者の状態に合わせて、冠動脈塞栓術やエタノール注入療法といった治療法が選択されることもあります。

詳しく見る

組織力でがん細胞に勝つ

聴診器

抗がん剤よりも人体への悪影響が遥かに少ないがん免疫療法には、免疫細胞の種類に応じて多くの方法があります。ある特定の免疫細胞を大量増殖させる方法も多いですが、複数の免疫細胞を組み合わせた複合的免疫療法の方が有利です。異なる性質を持つ免疫細胞同士を連携させる組織力により、高い治療成績を出しています。

詳しく見る

地域で最適な在宅医探し

ハート

医療施設が数ある世田谷区での在宅医療は、地域医療の取り組みが進む中で、既存及び新設の診療所・クリニックで多く扱われています。その為、区内では比較的在宅医を見付け易い状況にあり、自宅周辺で探すことが可能です。もっとも、安心して自宅療養するには、自宅から近いだけでなく治療が継続できることも肝心な点です。

詳しく見る

身体に負担をかけない治療

医者

鼠径ヘルニアは、腸などの組織の一部が突出した状態となり、皮膚の外からは小さなしこりのように触れます。これが自然に戻らない場合は、組織が化膿するなどして重症化することもあり得るため、適切な時期に手術で治療することが一般的です。近年では、身体に負担をかけず、傷も小さく済む手術の方法がとられています。

詳しく見る

負けない身体になる

ハート

がんの発生率は、将来的に2人に1人がなるといわれているほどがんは国民病となっています。また、がんという病気はその性質上とても転移率が高く転移が起きてしまうまでがんを放置しておくと完治するのはほぼ不可能といっても良い病気です。理由としては、全身に転移してしまい外的治療の手術がほぼ不可能な状態になってしまうからです。がんという病気は、発生した臓器の名前を頭につけてがんといいます。悪性腫瘍が見つかった場所が、肺であれば肺がん、胃であれば胃がん、脳におこるがんは脳腫瘍といわれます。このように、がんは様々な場所に発生することがある病気なのです。対応の仕方次第では、完治ができる病気ではあります。昔のように、不治の病ではなくなっています。ただし、早期発見が大事となる病気です。

早期発見をしたい理由としては、がんの進行が初期の段階の場合が切除や抗癌剤治療しやすいという理由が一つと、全身転移を防ぎたいという理由からです。内臓はそれぞれ別の働きをしていますが、血管やリンパで繋がっているのです。そのため、腫瘍近くの血管を通って転移をするということがよくおきる病気ががんなのです。胃がんが転移しやすい場所は肝臓であり、部位によっていろんな転移しやすい場所があるので医師はそういった点にも注目して治療を行っています。胃がんや乳がんの治療中には転移などに気をつけて生活をする必要がありますが、その時がんに効果があるといわれている食物を生活の中に取り入れるのも良い方法であるといわれています。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る