MENU

身体に負担をかけない治療

医者

適切な受診と判断

鼠径ヘルニアは、足の付け根やと太もものあたりに腸の一部が突出する状態をいいます。突出した部分は、皮膚の外側から触ると小さなしこりのように手に触れます。出っ張りがすぐに戻る場合は経過観察となり様子を見ることが多いのですが、自然に戻らなくなると、膿をもって痛みを生じ、症状を悪化させることになります。そのような状況を避けるためにも、鼠径ヘルニアが判った際には適切な段階で、手術などの治療に踏み切ることが大切です。一般的に、鼠径ヘルニアは子供の病気だと認識されていることが多い病気ですが、実際には大人になってから発症する例が大半です。子供の場合は、先天的に鼠径ヘルニアに罹患しているケースがほとんどなのです。

主となる治療法

鼠径ヘルニアの治療は主に手術療法が選ばれます。炎症起こして重篤な状況にならない限り、命に関わる病気ではないため、特に子供の場合には、ある程度身体が成長するまで手術を待つことがほとんどです。一方大人になってから鼠径ヘルニアになる要因としては、歳を重ねることにより腹筋やその他の身体を支える筋力が徐々に低下することにより、鼠径ヘルニアを発症します。このようなことから、大人の場合には40歳以上の発症が多く、女性よりも男性に多いという統計が出ています。大人の場合にも選ばれる治療法が手術療法ですが、近年では医療の進歩とともにほとんど身体に負担をかけない方法で手術を受けることが可能です。手術の難易度も決して高くはなく医療機関によっては、日帰り入院で全ての処置が行われるところもあります。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る