MENU

医師選びのコツ

医者

身体の調子が悪いと感じた時は重大な病気であるがんを疑うことが大切です。軽く病気を考えてしまうと大抵の人は病院に行かないからです。がんはどんどん進行していくものなので、放置せずに早めにがん治療を行った方が良い病気です。そのためには発見することが大切ですが、軽く考えてしまうと市販の薬などで対処してそのままになってしまいます。そうしている間にもがんの進行は手がつけられないものになってしまう可能性もあります。会社員なのであれば、定期検診も行われているので、そういったサービスなどを活用することが大事です。検診を定期的に受けていることで、病気の進行が進まない内から検査をすることができ、治療も早めにすることができるのです。

病気にかかったとしたらがん治療は病院で行うことになりますが、重大な病気なので腕の良い医師にがん治療は任せたいものです。かかりつけの医師がいればそこでがん治療で頼れる病院や医師について個人的に質問してみるのも良い方法です。紹介状を書いてくれればスムーズに症状を伝えやすいというメリットもあります。
医師を選ぶ時にはセカンドオピニオンという方法もあるので検討してみましょう。セカンドオピニオンとは第二の意見を聞くということです。医師には共通したがん治療の経験や治療方法が確立していますが、一人一人得意分野は違いますし、経験も違います。がん治療を最初に受けた医師なので他の病院に行くと失礼なのではないかと考える人もいますが、そんな心配は無用です。最近ではセカンドオピニオンは患者の権利として周知されており、セカンドオピニオン外来がある病院も見られるようになっています。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る