MENU

症状の違いがある

看護師

身体の中には細胞が作られ、古いものは廃棄されていきます。細胞分裂によって新しい細胞が生まれているので、私達の身体は問題なく動いているのです。しかしそれが突然変異を起こし悪性腫瘍になることがあります。これががんということになりますが、がんは手術や抗癌剤によって切除、消滅させることが出来るのです。しかし、この細胞は身体の中で血管やリンパ節で繋がっています。そのためがんは転移してしまう病気でもあるのです。がんにかかった場合、必ず転移の観察も行われます。見つかった時が遅くなればなるほど転移の可能性は高まってくるのです。しかもがんによっては転移しやすいものがあるのでそういった乳がんや肺がんの場合は特に転移に注意して治療が行われることになります。

医師による経過観察によって転移していないかどうかを調べることができます。それに加えて再発や転移を示す印というものもあるので、自分で気をつけて早めに治療できるようにも気をつけられます。最初にできたがんは原発がんといいますが、その時に感じた痛みを詳細にメモしておくのも良いです。転移は別の場所で起こる場合が多いので、原発がんとは違う痛みが起こってしまっているのだとしたらそれは転移のサインであるといえます。同じ場所に痛みが起こるのだとしても痛みの強さや症状が違うことが多いので、そういった症状の特徴を理解しておくのが大切です。しかし、こういった痛みに対する感度は治療中であれば鈍くなってしまうものです。気をつけると同時に、腫瘍マーカーなどで定期的な検査をするのが大事な取り組みであるといえます。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る