MENU

組織力でがん細胞に勝つ

聴診器

個人技よりも組織力

がん患者の体内には何億個ものがん細胞が存在します。そのうちの大半を手術や放射線治療で除去しても、わずかに残されたがん細胞が再び増殖を開始します。こうした残党を一掃する目的で使われるのが抗がん剤ですが、効果の高い薬ほど副作が大きい点も否定できません。誰でも生まれつき持っている免疫細胞は、人体という環境に悪影響を与えずにがん細胞と対等に戦える存在です。がん細胞を異物と認識さえすれば、免疫細胞は直ちに攻撃を開始します。がんを発病させるほど成長させてしまった点に、この免疫細胞を欺いて異物と認識できないようにしたがん細胞のしたたかさが見て取れます。免疫療法とは騙された免疫細胞を目覚めさせ、本来の攻撃能力を取り戻させるための工夫です。免疫細胞さえ目覚めてくれれば、抗がん剤のような重い副作用なしにがん細胞と戦うことができるのです。その意味で免疫療法は、人体に優しいがん治療だと言うことができます。がんという強大な敵と戦うためには、1個1個の免疫細胞が持つ個人技だけでは通用しません。それぞれ異なる性質を持つ免疫細胞同士を連携させ、組織力で敵に勝つための戦略が欠かせないのです。

免疫細胞の連携プレー

がんとの戦いを制するためには、まず手持ちの駒を知る必要があります。免疫細胞にも数多くの種類があって、それぞれ役割分担が異なります。キラーT細胞は強い攻撃力を持つ反面、がんの特徴を示す抗原が表れていないと攻撃できないという弱点も持っています。これに比べてNK細胞はがん細胞と見たら無差別に攻撃しますが、見落とす場合も少なくありません。同じくガンマデルタT細胞はがん抗原に関わらず攻撃に加わりますが、絶対数が少ない面もあります。NKT細胞は以上の免疫細胞が見落としたがん細胞も目ざとく発見し、最後の砦となって人体を守ろうとします。その意味でNKT細胞はディフェンダーのような存在と言えます。こうした免疫細胞を統率できる存在が樹状細胞です。自らはがん細胞を直接攻撃しませんが、司令塔役として最も重要な役割を果たしているのです。免疫療法の中でも複合免疫療法は、こうした複数の免疫細胞を患者さんの血液から取り出して増殖させる方法です。入院せずに通院治療が可能な上、副作用もわずかな発熱が見られる程度ですから軽い負担で済みます。この複合免疫療法が高い治療成績を出しているのも、組織力のなせる業だと言えます。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る