MENU

早期発見が重要

病院

加齢による増加

前立腺がんは欧米ほど多くはありませんが、日本でも食生活の変化や高齢者の増加によって患者の増加が顕著になっています。前立腺がんは直腸の触診によって発見するケースがありますので、健康診断を受診することは重要です。前立腺がんは50歳前にはあまり見られませんが、年齢が高くなるにつれて患者が増加します。特に家族に前立腺がんの患者がいる場合には注意が必要です。前立腺がんは早期発見して転移する前に発見することが重要で、転移をする前であれば免疫療法などの採用で対応することが可能です。前立腺は直腸や骨盤の近くにありますので、その付近に浸潤することも多いのですが、リンパ節を通じて他の臓器や骨に転移することも少なくありません。

食生活の改善

前立腺がんの原因の一つに脂質の食物の摂取が指摘されているので、食生活の改善は重要です。特にトマトに含まれているリコピンや豆類は含まれているイソフラボンは効果があると指摘されています。現在は忙しい世の中になっており、食生活の改善が食物では摂りにくくなっているのでリコピンやイソフラボンを含む健康食品が開発されて人気を博しています。前立腺がんは初期の段階は自覚症状がありませんので、健康診断で血液検査や腫瘍マーカーや触診が重要となっています。前立腺がんはがんの中では進行が遅いがんとなっていますので、早期発見すれば治すことができます。しかしながら発見が遅れて転移をしている場合には各種の治療をする必要があります。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る