MENU

人気高まるHDF

相談

最も腎臓に近い血液浄化法

腎臓機能が10%以下にまで低下すると、自力で血液を浄化することができなくなります。この慢性腎不全の状態で生命を維持するためには、人工透析で血液を浄化することが欠かせません。そうした患者さんの受け皿となる病院やクリニックの透析施設が、世田谷区には20ヶ所以上あります。世田谷区内に約2千人いると推定される慢性腎不全患者の多くは、透析治療に伴うさまざまな体調不良に悩まされています。その原因となっているのは、ダイアライザーという血液浄化装置だけでは完全に除去し切れない老廃物です。そのため人工透析には重い負担がかかるようなイメージもありました。こうした問題を解決しつつあるのが、HDFという新しい血液浄化方法です。HDFでは従来の血液透析に加え、血液濾過を同時に行なうことで老廃物を多く除去することができます。血液を循環させる間に点滴で水分を加えることにより、老廃物除去効果が高まるのです。HDFにはオフラインとオンラインの2種類があり、機械管理を自動化するオンラインHDFの方が老廃物を多く取り除くことができます。世田谷区内でもオンラインHDFを導入する透析施設が増えており、人気を集めているのです。

血圧安定し合併症も予防

血液中の不純物を効率よく濾過できるHDFでは、血圧も安定できるというメリットがあります。慢性腎不全になると尿がほとんど作られなくなるため、体内に水分が溜まってきます。余計な水分はダイアライザーを通して取り除きますが、その際に急激な血圧低下が起きやすくなるのです。HDFを利用すれば血圧も下がりにくいため、体調不良を起こすことなく安定した除水が可能になります。HDFを受けるメリットは他にもあります。個人差もありますが、通常の血液透析では貧血や関節痛・しびれ・かゆみといった症状がある程度避けられません。そうした不快な症状もHDFでは軽減されるため、透析治療にかかる負担が楽になるのです。HDFで除去される老廃物の中には、食欲抑制物質のレプチンも含まれます。そのため食欲不振が改善されて体調も良くなり、日常生活に張りが出てきます。この他にも血液透析に伴うさまざまな合併症予防効果がHDFには少なくありません。人工透析は長く付き合っていく治療です。世田谷区で治療を受けている人は、HDFを導入する医療機関を利用することで体調を改善させられます。HDFを採用するクリニックも今後増えるものと予想されます。

PICK UP

胸元

男女両方とも気をつける

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳しく見る

医者

医師選びのコツ

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳しく見る

看護師

症状の違いがある

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳しく見る